お引越ししてまんた

http://d.hatena.ne.jp/winningstar/
まいど、どうも!お久しぶりです!
ずっと放置しっぱなしで、「かちぼし」の更新を楽しみにされていた世間一般的にはかなりアレゲで酔狂な部類に入るであろう方々には、非常に申し訳ありませんでした。おかげさまで、僕は元気です。ごめんなさい。(テヘっと片目を閉じ、舌を出して、こぶしで頭をコツンと叩きつつ)
既にご存知な方もいらっしゃるかと思われますが、人目に憚かり、闇に紛れて、上記のURLの「And Then There Were None」でひっそりと活動しておりました。idが「そのまんまじゃねえか!」とツッコミも甘んじてお受けいたします。だって、語彙とかボキャブラリーが貧相なんだよもん星人ナイズ。「かちぼし」が死んで「And Then There Were None」が生まれた。のだった。当初、サイト名が「セクシー文化大革命」だったのは、イマとなっては黒歴史
ですが、新サイトでも更新は不定期な放置気味で、文字通り"そして誰もいなくなった"的状況だったのですが、ようやくここに来てブログの機運が高まりだしたので、正式に公開させていただきます。ふ、久しぶりに燃えてみるか!(燃え盛る情熱の炎をバックに、ゴゴゴゴゴとエフェクト入りで)べ、べつにアクセス数が少なくて、寂しかったとかじゃないんだからねっ!勘違いしないでよっ!


ということで、引き続き変わらぬご愛好の程、今後ともよろしくお願い申し上げます。オレサマ、オマエ、マルカジリ。

フラシャ終了

http://www.flyingshine.com/cgi-bin/fs_diary/diary.cgi?no=229

                 l..:.::::::::::::::::::::::::::::イ      =  ロ   = 
                    |.:::::::::::::::::::::::::::::: |     ニ=  ミそ -= 
                  |:r¬‐--─勹:::::|     ニ= オ れ =ニ 
                 |:} __ 、._ `}f'〉n_   =- な. で -= 
  、、 l | /, ,         ,ヘ}´`'`` `´` |ノ:::|.|  ヽ ニ .ら. も ニ 
 .ヽ     ´´,      ,ゝ|、   、,    l|ヽ:ヽヽ  } ´r :   ヽ` 
.ヽ し き ロ ニ.    /|{/ :ヽ -=- ./| |.|:::::| |  |  ´/小ヽ` 
=  て っ ミ  =ニ /:.:.::ヽ、  \二/ :| |.|:::::| |  / 
ニ  く. と オ  -= ヽ、:.:::::::ヽ、._、  _,ノ/.:::::| | /| 
=  れ.何 な  -=   ヽ、:::::::::\、__/::.z先.:| |' :| 
ニ  る と ら =ニ   | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|'夂.:Y′ト、 
/,  : か   ヽ、    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::_土_::|  '゙, .\ 
 /     ヽ、 


未払いワッフルな悪名が轟いているようなので、たぶん無理ではないかと。


既にまなめさんがネタにされてましたが、はてながエロゲで取り上げられる時代に。
渡辺僚一!きさま!見ているなッ!(ディオ風に)

夏コミ(C72)戦利品

独自のマイノリティ路線を歩んでいることもあって、大半の方は興味無いと思われますが、戦場での成果物を晒してみることに。
事前のサークルチェックをまったくせずに、現地ではてなアンテナ登録先のサークルリストを携帯から参照していたこともあって、後々になって各サイトを巡回した際、コレも欲しいアレも欲しいと思っていた作品をかなり取りこぼしてしまいました(特に兄さんごめんよう!)。特に心残りだったのは、殿子本を買い漁っておけばよかったこと。ちくせう。これは、お父さん失格ですね。。
ちなみに『餓弄伝』の新作は、『AstralBout Vol13』に掲載されていませんでした。たぶんもう書かないのではないかと思われ。あくまで憶測ですが、その原因の一端をウチが担っているのではないかと思わないでもない(自意識過剰かもしれませんが、知る人ぞ知るという位置付けだっただけに、広く知られ過ぎてしまったような)。だとすれば、ほんと申し訳無い。。


一応、こんな感じ。どの作品も原作愛をひしひしと感じることの出来る本当に素晴らしい作品達ばかり。
とはいえ、やっぱり愛してやまない作品を手がけた原作者がその作品のしかも好きなキャラクターを書いて下さるのは、特段の思いが。ココ可愛いよ。ココ。



カタハネの素晴らしさがもっと広まって、冬コミ(C73)でもカタハネ本が多く出ますように―――。


んで、やっぱり本当に最低の屑が書いた妊娠確実アンジェリカ本なんていなかったね(´・ω・`) 当たり前とは言えば当たり前ですが。うへえ。P様書いてくれないかしら。

「Blueberry&Yogurt」、次回作収録予定曲に『Alea jacta est!』

※タイトルに誤りがありました。"Area jacta est"ではなく、"Alea jacta est"です。
http://blueberryblog.blog92.fc2.com/blog-entry-27.html

当ユニットのCDは相変わらずのろい速度で進んでおります(汗
もうちょい!もうちょいで完成するんですが……
もう少々お待ちを(ノД`)

「love solfege」のデビューアルバム『フタリノワタシ』に収録されている『memories are here』と同作によって、ようやくカタハネサントラ難民の救済がなされることに。なんせ、コミケで販売されたプレリリース版『Alea jacta est!』やサントラがヤフオク等で3万超えという常識を逸した価格が付いてましたから。。


まオフ会に参加した某氏から聞いた話によると、一時的とはいえげっちゅ屋の在庫に復活していたらしいので、ずっと探されている方はこまめにチェックされてはいかがでしょうか。自分もアンテナに登録しておきましたので、入手次第、探されている方のために補完しておきます。

「love solfege」、『フタリノワタシ』

http://www.team-e.co.jp/lovesolfege/

カタハネファンサイト・カゼハネ

http://www6.ocn.ne.jp/~kazehane/
シンプルで見易く原作愛を感じさせるデザインのレイアウトに好感を持ちました。愛が無ければとてもココまで行動に移せない。
管理人様が的外れな考察をしていないかと懸念されてましたが、受けた印象は千差万別。けして正解を導き出さなくても良いと思う。共感する部分はあるか、新鮮かつ斬新な部分はあるか、といった感じに、誹謗中傷するために閲覧している訳ではないので、強張ることなく、思いの丈を綴ってもらいたいところ。これからコンテンツが充実していくことに期待を寄せてしまう。微力ながら、応援したくなる。さぁ、賽は投げられた!


たとえ会社が潰れてしまったとしても、ユーザーの心を突き動かした名作は色褪せない。永遠に。誰も揺るがすことはできない。想い出は、確かに"ココ"に 。